掃除の頻度を上げてくれる、安くて便利な掃除道具。

掃除道具一覧

引っ越しを機に新しく取り入れた掃除道具の使い勝手がとてもいいです。
おかげで以前よりも掃除のハードルが下がって綺麗な状態をキープできてます。

掃除道具なんてほうきとちりとりと雑巾等があれば何とかなると思っていたことがあったけれど、今にして思えば非効率だったし本当に綺麗になっていたのか疑問が残ります。

世の中には便利な掃除道具が山のようにあるのだから、ジャンジャン活用して上手に掃除をしよう!と思い一式揃えることにしました。選んだのはプチプラな人気商品ばかりです。

今のところ使い勝手は上々なので共有しますね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

安くて便利な掃除道具リスト

※参考価格は2017年10月1日時点のアマゾン(台ふきんのみニトリ)の価格です。

1.クイックルワイパーハンディ 伸び縮みタイプ

クイックルワイパーハンディ

参考価格

本体:693円 取り換え用シート(3枚入り):239円

使い方

ふわふわの部分でサッと撫でて埃を取ります。

使った感想

便利すぎて感激したモノ。伸縮する柄と角度が変えれるヘッドが最高です。

 

こういう手の届かない高いところや、しゃがまなければならない低いところが、立ったままスーッと撫でて歩くだけで掃除できるようになってものすごく楽になりました。高いところ、低いところの掃除頻度が劇的に上がりましたね。
他に電化製品の埃取りにも適してます。コードが入り組んだ隙間の掃除も得意ですね。とにかく埃が気になるところは全部これです。

2.クイックルワイパー フロア用

クイックルワイパー

参考価格

本体:1,091円 ドライシート(20枚入り):305円 ウエットシート(16枚入り):429円

使い方

シートを装着して床を掃除します。ドライシートは髪の毛取りに、ウエットシートは雑巾がけの代わりに。

使った感想

ドライシートは毎日のお風呂上りとキッチン使用後に使ってます。シートなのに綺麗に髪の毛を拾ってくれて地味にすごいです。キッチンの床に飛び散った水もこれでサッと拭き取ればキッチンマット要らずです。水回りの床掃除に重宝してます。
ウエットシートは週末に雑巾がけの代わりに使ってます。床に這いつくばって雑巾がけするのも割と好きなんですけれど、やっぱり楽な方がいいのでお世話になってます。かなりの時短になりました。床掃除の他にお風呂の壁や天井掃除にもたまに使ってます。除菌シートっていうのがお風呂掃除にピッタリなんですよね。

3.シルコット 除菌ウェットティッシュ

ウェットティッシュ

参考価格

本体:756円 つめかえ用(40枚入×3個):368円

使い方

デスクやキッチンなど使用頻度が高い場所の拭き掃除に。

使った感想

デスクやテーブルに一つ置いておくと食べこぼしをすぐに拭き取れて便利です。
湿っているからすぐにテーブルが拭けて普通のティッシュよりも使い勝手が良いです。マウスやキーボードの掃除もお任せしてます。
キッチンの拭き掃除の仕上げにこれを使うと除菌になるからスッキリして気持ちいいです。
本体を買わずに詰め替え用をそのまま使っているけれど最後の方になると乾燥してきたので本体も買おうと思います。

4.ニトリ 台ふきん

台ふきん

参考価格

42枚:205円

使い方

キッチンのテーブル拭きやシンクの拭き上げに使います。

使った感想

長年の悩みの種であった台ふきん問題を解決してくれた逸品です。
台ふきんってすぐに落ちない着色汚れが付いて見た目が悪くなってしまうのが嫌でした。目に見えて汚れていると触るのも嫌になりますよね。
この台ふきんは、何度か拭いて洗ってを繰り返してくたびれたら捨てる、といった気軽な使い方ができます。わざわざふきんを別洗いなんて面倒なことはしたくない私にピッタリですw
ちょっと吸水力が足らないのが惜しいところですが、便利さは格別なのでもう普通のふきんには戻れません。

5.スクラビングバブル 流せるトイレブラシ

流せるトイレブラシ

参考価格

本体:430円 替えブラシ(12個):289円

使い方

普通のトイレブラシと同じように使います。ブラシに洗剤が含まれているので別途洗剤は必要ありません。使用後のブラシはトイレに流せます。

使った感想

トイレブラシの何が嫌って掃除後の後始末です。そのままスタンドに戻すと不衛生だから水で洗い流して天日干しをしていましたが物凄く面倒でした。掃除道具を掃除するなんて非効率だと思いませんか?
このトイレブラシはそんな後始末の手間を全て無くしてくれた素晴らしい道具です。使用後はブラシを落として洗い流し、柄の水分を拭き取ったらOKです。トイレタンク裏 トイレ 

本体にスタンドが付属してますが吊るして収納がおすすめです。わが家はこんな風にトイレタンクの裏側に吸盤式フックを使って吊るしています。正面から見えないし掃除の邪魔にもなりません。柄に吊るし穴があるのでフックさえあればすぐに吊るせます。

6.トイレクイックル

トイレクイックル

参考価格

本体:214円 詰め替え用(20枚入):322円

使い方

床や便器の拭き掃除に。

使った感想

シートはミシン目が入っていて切り離すことが出来ます。床と便器を拭くだけなら1/2シートで充分なので実質1パック20シート入りです。20シートあれば一か月持ちますよね。
切り離すと薄くて破れるんじゃないかと心配されるかもしれませんが、そこはクイックル様。厚手でしっかりしているので最後まで破れずよれず快適に使えます。100均にもトイレ用のウエットシートはありますがクイックルを使うのはこれが理由です。品質が全然違います。

使い捨てのメリット

エコじゃないって怒られそうですが掃除道具は使い捨てが好きです。今回取り上げたものは全部使い捨てです。

掃除することは好きなんですけれど掃除後の後始末が嫌なんです。
汚れたものに触るのが嫌、掃除道具を掃除する二度手間が嫌、手間をかけても取り切れない汚れがあるのが嫌、汚れた道具を保管するのが嫌。使い捨てにしたら嫌なこと全部解決しました。

繰り返し使える道具と比較したらコストはかかってしまいますが、メリットを考えると高い買い物じゃないと思います。

あとがき

掃除が面倒、重い腰が上がらないって人は、掃除道具を見直して便利な道具を揃えるところから始めるといいかもしれません。
便利な道具があると掃除のハードルがグッと下がって掃除頻度が上がります。すると部屋が綺麗になってその状態をキープしようとするいい循環になります。こうなったらしめたものです。

道具って日々進化しているから新商品をときどきチェックしつつ、便利なものはどんどん取り入れて綺麗を維持したいと思います。

\ 応援クリックお願いします /

にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告