ルータの配線のやり直しと設置場所について

配線変更

ネット環境が光回線のファミリータイプからマンションタイプに変わりました。

変更前はエアコンのダクトから室内にケーブルを引きこんでいましたが、変更後はモジュラージャックにLANケーブルを差せばOKになりました。

エアコン近くに置いていたルータ等の機器をモジュラージャック付近に置き配線をやり直しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ワイヤーネットに機器を取り付けて壁に設置

壁に設置する方法は下記で紹介した方法と同じです。詳しくはこちらをご覧ください。

機器が一つ減ったのでワイヤーネットを一回り小さいものに買い替えましたが、それ以外は流用したので、ワイヤーネット代108円で完成です。

以前よりもスッキリまとまったし床から少し浮かせて掃除対策もバッチリです。
エアコンのダクトから延びるケーブルもなくなってスッキリしました。

Wi-Fiルータの設置場所について

私の部屋は狭いのでWi-Fiルータの置き場所なんて深く考えなくても速度は十分ですが、一軒家にお住まいだとか通信速度が遅い場合は、今一度置き場所を見直してみると幸せになれるかもしれません。

以下は設置に適している場所です。

家の中心

家中どこでも快適に通信できるように家の中心に設置したいです。

距離が近ければ近いほどいいので、普段よくいる場所、リビングやPCコーナー辺りが適してますね。

高い場所

床に置くと障害物が多いので高い場所の方が適してます。

天井付近に壁付けが理想的ですが、壁に設置できない時はキャビネットの上みたいな高さがある場所に置きたいです。

床の隅に直置きが一番悪いです。以前置いてましたけどねw

障害物がない場所

目障りなので隠したい気持ちはよくわかりますが、キャビネットに入れたり収納ボックスに入れたりして電波を遮るのは良くないです。排熱の問題もありますし、なるべくオープンにしておきたいです。

理想的な設置場所

リビングやPCコーナーの天井付近にオープンにして設置。まとめるとこうですね。

ただこれは広い一軒家の話で狭いワンルームはどこに設置しても問題ないです。長々と説明したのにどこでもいいなんて答えですみませんw

けれども注意したいことが一つあります。

収納ボックスに入れて隠す方法ですが、電波を遮る事よりも熱がこもることが気になります。

隠していると存在自体を忘れてしまいますが試しに夏場に触ってみてください。かなり熱を持っていますから。熱で機器が不調になることは十分考えられるので注意したいです。

\ 応援クリックお願いします /

にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告