1Kのキッチンに思うこと

1Kキッチン

わが家のキッチンは、1Kでは一般的なミニキッチンです。

シンクの幅は40cm、作業スペースは20cm、IHの一口コンロ。シンクの上には三段の収納棚があり、下は開き扉の収納スペースです。

使用状況は、平日の朝晩、休日在宅時は朝昼晩の三食。毎回調理をするわけではありませんが、常備菜をお皿に盛り付けたり食後の後片付け程度のことはするのでキッチンに立つ回数自体は多いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ミニキッチンは実用的ではない

約9年、我が家のミニキッチンを使った感想です。

インスタントラーメンを作る程度の簡単な調理ならば不満はないけれど、ミートソースを作りながらパスタを茹でて付け合わせのサラダも準備する、くらいにとなると不便です。
道具やお皿を広げるスペースがないから片づけながら作業しなければならないし、一口コンロのため並行して調理できず時間がかかってしまいます。品数が多くなるとやりにくさを感じますね。

この他にも不満はたくさんあって列挙するとこんな感じです。

  • 収納が圧倒的に少ない。シンク&コンロ下に棚を設置したりアレコレ工夫した上で必要最低限のツールしか置いていない現状でもスペースが足りない。もっと置きたいものがあるのに我慢してます。
  • シンクも狭い。狭いから洗い物の時に蛇口に食器をぶつけてしまう。以前書いた食器がボロボロって話もこれが原因です。
  • 冷蔵庫を置くスペースも狭いので置けるサイズが限られる。
  • 廊下の一角がキッチンになっているので食器棚や収納棚的なものを置く場所がない。収納を増やす余地さえなくて辛い。

ごちゃごちゃ書きましたが一言で表すと狭いです。
必要最低限の台所設備を詰め込みましたーって感じで、快適さや使い勝手は二の次なのが1Kのミニキッチンなのでしょう。自炊する人には不十分だと感じました。

少しでも快適に使うために

狭かろうが不満だろうが使わなければ生活が成り立たないので使います。
使うからにはちょっとでも環境を良くしたいので手をかけました。

例えば、シンク&コンロ下には棚を設置して空間を有効活用し、吊るせるものは吊るして収納、ゴミ箱は奥行きが浅いものを選んでちょっとでも通路を広く取り、缶詰のような日持ちする未開封の食品はメインの部屋で保管、それでもスペースが足りないからミニキッチンの左右に置いてある電子レンジの上や洗濯機の上も漏れなく使ってます。

狭さを克服するために買ったアレコレの合計金額と費やした時間を考えるのはちょっと怖いほどです。

試行錯誤した結果

9年間、挫けることなく作り置き生活を続けることができたのだから、作戦はまずまず成功と言っていいのではないでしょうか。

ぶっちゃけると試行錯誤した成果よりも外食ばかりだと生活が成り立たないから自炊せざるを得ないっていう環境要因の方が大きいのですけれども、自炊が嫌で嫌でしょうがなかったらしなくて済む方法を真剣に考えただろうから嫌にならない程度には料理できるキッチンを作れたのだと思ってます。

もう一つぶっちゃけるとこのキッチンに限界を感じたのでこれ以上手をかけるのをやめました。
ちょっと前まで100均で籠を買ってきてシンク上の棚を綺麗に整頓しようと考えていたんですがね。今まで費やした時間とお金を考えたら急に冷めちゃいました。ちょっとお金をかけて整頓したところで使い勝手も見た目もさほど変わらんだろうと。
もうキッチン作りはお腹いっぱい、概ね出来ることは出来たからこれでいいやーって吹っ切れました。

\ 応援クリックお願いします /

にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告