身だしなみコーナー

身だしなみコーナー

部屋の入口の一角を身だしなみコーナーにしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

身だしなみコーナーとは

身支度を整える場所です。

帰宅したら、ボックスの上に鞄を置いて、白シャツがかかっているハンガーにアウターをかけて、カバンの中身を出して無印の引き出しの中へ。外出する時は、ここでメイクをして荷物をそろえて全身をチェックしてから出かけます。

コーナーを作った理由

鏡の左横に備え付けのハンガーレールがあって最初はそこにアウターをかけていたのですが、そうすると部屋のど真ん中に服がかかっている状態になり生活感があふれて残念な部屋になってしまいました。

そんなわけで服が視界に入りにくい入り口側にハンガーをつけました。
鏡で仕切りができて、なんとなくコーナーとしてまとめることができました。あとはもうちょっと見た目を良くしたいです。

賃貸の壁の強い味方

賃貸だと原状復帰のために壁に穴があけれない等の制約がありますが、画鋲の穴程度ならOKなお宅も多いと思います。ウチもそうです。

石膏ボードの壁に最大7Kgまでかけれるフックがあるのですが、我が家ではフックと言えばこれです。シリーズで愛用しています。
耐荷重7Kgなら重いアウターも躊躇なく掛けれます。

鏡はフック二つで吊るしています。
時計もエコバッグもこのフックで壁掛け。本当にお世話になってます。

\ 応援クリックお願いします /

にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告