自炊派一人暮らしの冷蔵庫買い替え記

キッチン

一人暮らしで自炊を頑張っている皆さん、冷蔵庫の容量はどれくらいですか?

小さい~狭い~って思ってませんか?

また、これから一人暮らしをされる方。どれくらいの大きさの冷蔵庫を買ったらいいのか悩んでませんか?

この度、約10年使った冷蔵庫を買い替えました。

そろそろ買い替えてもいいかな?ってタイミングだったのと、いつも中身がぎゅうぎゅうで使い勝手が悪かったのとで、まだ使えるけれど思いきりました!

冷蔵庫って長く使う上に高い買い物だから絶対に失敗できないじゃないですか。長期間不便な思いをしてきただけに強くそう思います。なので購入にあたっては時間をかけて下調べをし、店舗に出向いて実物を見て、万全の態勢で挑みました。

そんな今回の冷蔵庫買い替え記。

これから冷蔵庫を買うあなたのお役に立てたら嬉しいです♡

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1.自炊派、一人暮らしに最適な容量って?

一般的に用いられる計算式は、「家族の人数×70L+常備用100L+予備70L」。

価格.com – 冷蔵庫・冷凍庫の選び方

とのことで、一人暮らしだと240Lが目安になります。

前の冷蔵庫を買ったときはこの知識が無かった上に、新生活の家具家電一式を揃えたタイミングだったこともあり、冷蔵庫一つに頭を悩ませることが出来ませんでした。

いきなり店頭に行って店員さんの言われるままに170Lくらいの容量の冷蔵庫を買いました。その結果がこのざまなので容量選びはどうか慎重に・・・。

経験から自炊派は容量170Lじゃあ厳しいと感じたので、200L~300Lくらいが良いのでは?と思います。

2.冷蔵庫を置く場所とドアが開く向きを確認する

前に住んでいた1Kの家は冷蔵庫を置く場所が決まってました。

限りあるスペースだったから今回購入した少し大きい冷蔵庫は置けなかったことでしょう。

他に食器棚などの家具を置く横に場合も、「冷蔵庫が幅をとりすぎて家具が置けなくなった!」なんてことになったらいけないので、そのあたりの兼ね合いも考えておかねばなりません。

あと意外と盲点(?)なのが奥行きです。

横幅についてはキッチリ確認すると思うけれど、奥行きは「ちょっとくらい飛び出してもいいか~」って妥協しがちになると思うんですよね。(私だけ?)

冷蔵庫ってドアを開閉するものだから奥行きもキッチリしておかないと最悪ドアが干渉してしまうかもしれません。人が立つスペースまで考慮しておくとバッチリ!死角なしです。

もう一つ注意したいのがドアが開く向きです。

右上の写真のように、左側が壁なら(うちの場合はドアでしたが)左開きが適当です。右開きだとドアと壁に挟まれることになるから窮屈ですし、ドアを開ける時に一旦身をかわし、めいっぱい開いてから隙間に体を滑り込ませて冷蔵庫の前に立たなければなりません。無駄な動作が多いです。

両開きの冷蔵庫もあるので、のちのち引っ越しを考えている人はこちらを選んでおくといいかもしれません。

余談ですけれども、今、何らかの理由で逆開きの冷蔵庫を仕方なく使っているって人は、シャープ製の冷蔵庫でしたら向きを変えれるかもしれないので確認してみてください。幸せになれるかも。私、向きを変えれるのを知らなくて何年も不便な思いをしてましたw

詳しくは下記記事をどうぞ。

3.各メーカーの冷蔵庫の特長は?

冷蔵庫なんて、「ある程度大きくて冷えればいいのよ~」って思ってました。

ですがですが。

各社いろんな機能を搭載しておりまして、それがとっても魅力的なんです!

自炊派だったら自分に合った機能を選んで暮らしの手助けを期待したいところ。

そんなわけで、選ぶのが一番楽しくて悩ましい、各メーカーの機能についてまとめてみました。見れば見るほど悩ましい~><

3-1.日立

  • うるおい低温冷蔵
  • 真空チルド
  • 新鮮スリーブ野菜室
  • デリシャス冷凍

この中で注目すべきは真空チルドです。

冷蔵庫の一角に真空チルドの引き出しがあります。ここに肉や魚を入れておくと鮮度が長持ちします。ラップをせずにそのままポンと入れておけるのが嬉しいところ。

3-2.パナソニック

  • 微凍結パーシャル
  • Wシャキシャキ野菜室
  • ワンダフルオープン -冷凍室、野菜室-

ワンダフルオープンでガッツリ引き出して奥までしっかり見渡せるのがgoodです。ただ、一人用の小さめな冷蔵庫には搭載されてません。その他の機能も小さめの冷蔵庫には搭載されてないものが多くて残念。

3-3.三菱電機

  • 氷点下ストッカー
  • 切れちゃう瞬冷凍
  • 朝どれ野菜室

この機能があるから三菱の冷蔵庫を買う人もいるという切れちゃう瞬冷凍。凍ったまま切ったり使えたりできたら便利だろうな~。

3-4.シャープ

  • プラズマクラスターうるおいチルド
  • 雪下シャキット野菜室
  • 大容量冷凍室 メガフリーザー
  • どっちもドア

私も助けられたどっちもドア

引っ越しが多い人はどっちもドアを選んでおくと、引っ越し先でドアが逆に~ってことがないので良いと思います。

3-5.東芝

  • もっと潤う摘みたて野菜室
  • 即鮮チルド
  • 切替冷凍室

ゆっくりと素早くが選べる切替冷凍室に注目です。

『野菜はゆっくり凍らせると細胞が壊れにくく、うまみや栄養の流出を抑えられます。』とのこと。うまみや栄養にこだわりがある人には嬉しい機能ですね。

主なメーカーの特長はこんなところでしょうか。

パナソニックのところにもちょっと書きましたけれど、一人用の小さめな冷蔵庫には搭載されてない機能も多いので、どうしても欲しい機能があるのならばサイズを上げるのもアリだと思います。(もちろん置く予定の場所にちゃんと収まるのが前提ですよ!)

冷蔵庫って大きくて困ることはないし、マイナスなのは価格くらいなので、お財布が許すならば機能優先でもOKです!

とは言え、そう簡単にお財布さまのお許しが出ないのが辛いところですが・・・。

4.消費電力と本体価格からコスト計算をする

私はこの時点で日立と三菱まで絞りました。

それで三菱のパンフレットを見ていて気付いたんですけれど、容量330Lと335Lの冷蔵庫で年間消費電力量が335kWhと520kWhで全然違うのです。金額にすると9,045円と14,040円です。その差4,995円!10年使うと約5万円も違うんですよ!!

本体価格がそれぞれ97,200円と70,598円なので、パッと見後者の方を選んでしまいそうになるんですけれど、電気代を考慮したら前者の方がお得なんです。

同じように電力量込みで容量455Lと330Lの価格を比較したら差額が11,050円で、容量と機能を考慮すると大きいサイズの455Lの方がお得なのかな~と思わなくもなく、これまた非常に悩みました。

とまあ、こういう例もあるので、本体価格だけじゃなくて電力量込みのコスト計算は必須です!!あとから気づいても泣くに泣けませんよ・・・!

※価格は8/11時点の価格.comの最安値を参照しています。

5.どこで買う? ネット or 実店舗

サイズと機能と金額が出てほぼ心は決まったな~ってところで実店舗に足を運びました。

実物を見て店頭価格をチェックして、さて、どこで買うか?問題です。

価格はやっぱりネットの方が安いです。けれど迷わず近くの量販店で買うことにしました。

理由はやっぱりサポートです。

近くの量販店は量販店独自の無料延長保証があります。また、何かあった時に駆け込める場所、顔が見える安心感があるのも強いです。

冷蔵庫買い替えの場合はリサイクルの問題もあるので、その点でも申し込みをすれば引き取ってくれる近くの量販店が有利ですよね。

また、価格についても交渉の余地があって、場合によってはネットの最安値よりも安く買うことができるかもしれません。更に今回は特別に(?)商品券をくれるというラッキーがありました!Y電機さんありがとう!!!

というわけで、冷蔵庫の買い替えは実店舗押しです。

買い替え時期について店員さんから聞いた情報ですが、8月頃が底値になるそうです。少しでも安く買いたい方はこの時期を狙ってくださいね。

6.搬入経路の確認

最後に、搬入経路の確認がありました。

うちのアパートは全体的にゆとりがある造りなので二つ返事で「大丈夫!」って言いましたが、搬入の時に玄関ドアのポストが邪魔になりポストを分解してました。(申し訳ない・・・)

他にも、これは店員さんから聞いた話ですけれど、キッチンカウンターを越えなければならない時にカウンター横の通路が狭くて通れなかったとか、玄関のたたきの段差でつっかえたとか、ちょっとした出っ張りに引っ掛かるみたいです。

どうしても通れなかったら最悪窓から搬入で追加料金が発生するので気を付けてくださいね。

7.冷蔵庫受け入れの前準備

クーラーボックス

冷蔵庫の中身を一時的に冷やしておくクーラーボックスを用意しました。

すぐにすぐ冷えるわけじゃあないですからね、うちの冷蔵庫は冷えるまでに4時間かかると言ってました。

搬入当日までに冷蔵庫内のストックをほぼ食べきって、残り野菜と乳製品、調味料類だけにしました。冷凍品や肉魚はなし。

いつものぱんぱん具合からすればスッカラカン状態の庫内だったけれど、それでも二つのボックス内に収まりきりませんでした。調味料の多さよ・・・。

タッパーに水を入れて大きい氷を4つ作ってボックスに入れておいたのだけれど、心配していたバターやヨーグルトは溶けることも痛むこともなく無事でした(^^)

その他に搬入経路で邪魔になりそうなものはどかしておく。これで前準備はOKです。

8.冷蔵庫の搬入・受け入れ

もうこの段階では特にすることはありませんでした。

リサイクル券の準備くらいかな?

あ、古い冷蔵庫をどかした隙に、ささっと掃除だけしましたね。

まだ引っ越してきて1年未満だし冷蔵庫をどかして掃除したことがあったので「ぎゃー!埃がー!」なんてことはありませんでしたが、ン年ぶり、下手したら十数年ぶりに冷蔵庫をどかすってことなら、大掃除の準備もしておいた方がいいです。このチャンスを逃してはなりません。

設置が終わったら軽く掃除(庫内の拭きあげと製氷タンクの洗浄)をして、少し冷えてきたところでクーラーボックスの中身を移して完了しました。

9.新しい冷蔵庫『三菱電機 MR-CX33C』について

まだ届いたばかりなので詳しいレビューはできませんが、この機種を選んだ理由や現時点での感想を少し書いておきます。

冷蔵庫を買うならば「日立か三菱がいいよ」と聞いていたので、かなり早い段階でこの2つのメーカーに絞って選定しました。

ネットで機能比較をした段階では日立の真空チルドがいいなと思ったので日立がやや優位だったのですが店頭で実物を見て三菱に心変わりしました。

三菱の方が中も外も直線的でスッキリして見えたのが一番の理由です。あれだけ機能機能言っておいて決め手になったのは機能じゃありません、見た目です。やっぱり実物を見ないとわからないもんですね・・・w

そんな見た目で選んだ三菱の冷蔵庫ですが、実際に(短時間ですが)使ってみてここが素晴らしい!と声を大にして言いたい特長が一つあります。それはとにかく静かという点です。

買い替え前の冷蔵庫の一番の難点が駆動音でした。ブーンという音が耳について夜になかなか寝付けない。一応寝室は引き戸で仕切れるけれど戸を引いても気になる時は気になって困ってました。

ところが三菱の新しい冷蔵庫は、キッチン横で作業してても駆動音が気にならない。寝室まで行ったら戸を引かなくても全く聞こえない。音の大きさが感動するくらい違います。

カタログでは静音17dBと書いてあるんですけれども、ワンランク上の冷蔵庫だと15dBなんですよね。ワンランク上の方が更に静かなので駆動音の観点からもそちらに惹かれたんですけれど、17dBで大満足だったので結果オーライでした。

もしワンランク上の大きい冷蔵庫を選んでしまっていたら、今度は冷蔵庫の周囲の空間を圧迫して窮屈なことになってたかも・・・と思うので、今の私に最適な選択ができたのではないかと思います。

最後に、一番悩んだ容量ですが330Lはかなり余裕がありそうです。270Lクラスでも良かったかな?って印象です。始めに書いた「家族の人数×70L+常備用100L+予備70L」の式はやっぱり的を射てますよ。

まあ、冷蔵庫は大きいのが正義とも言いますし、8分目収納を心掛けてぱんぱんにしないようにしたいと思います。

10.キッチンのインテリアの変化

これでも一応インテリアブログなので・・・。

新しい冷蔵庫を設置したキッチンをご覧いただきましょう♩

・・・っとその前に、beforeの写真から。

キッチン

以前はこんなでした。

改めて見直すと小ぢんまりしてるなあ・・・。早くも違和感が。

・・・ではでは。

新しい冷蔵庫さまにご登場いただきましょう。

現在の様子です。

キッチン

横から。

キッチン

何気に電子レンジを置いている棚も増えてますが良い感じに収まりました~。

ゴミ箱が気持ちいいくらいピッタリ収まったんですよ!!!うれしー!

なんか「新成人の一人暮らしのキッチン」から「大人の女性の一人暮らしのキッチン」くらいにレベルアップした気がしますww

冷蔵庫の上に電子レンジが置けなくなったので、電子レンジを置くために無印のパイン材ユニットシェルフを買いました。

これもパイン材にするかスチールにするかちょっと迷ったのだけれど、スチールだと無機質すぎるかな?と思ってパイン材にしました。周りにプラやステンレスが多いからクールな印象を和らげてくれるかなと。狙い通りの印象になってますかね?

あとがき

とても長くなりましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。

本気の冷蔵庫選びから設置まで。いかがだったでしょうか。

全部読んでないよ~って方も、つまみ食いよろしく興味のある部分だけでも読んで帰って下されば嬉しいです。長くなった分、漏らさずレポートできたかと思います。

最近、自炊に対する考え方が変わりました。

スーパーに行ったら自分で作るよりも安い値段で出来合いの物を買うことができます。買って帰ってチンするくらいだから時間も手間もかかりません。効率とかコスパを考えたらはるかに買って帰る方が有利です。

なのにあえて、自分のために頭を悩ませてメニューを考えて、安くない食材を仕入れて、時間をかけて料理する。

何だか、すごく贅沢じゃないですか?

この時間は大切にしたいなぁと考えるようになったんです。

そのためには冷蔵庫が不可欠です。冷蔵庫の存在が私の中で以前より重要なものになったので買い替えました。より自炊ライフを充実させるために。

というわけで下地は整いました。

あとは自分の料理の腕を磨くだけです。がんばろー!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。左の画像をポチっと応援クリックしていただけると励みになります♡

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告