動線から考える一人暮らしワンルームのレイアウト

部屋に置きたいものは沢山あるけれど、6~9畳くらいのワンルームだったら全部置けませんよね。
置けたとしてもギチギチで、ソファを迂回してベッドを迂回して・・・なんてグネグネ歩いていたらストレスが溜まります。避け損ねて足の小指でもぶつけようものならリアルに泣いちゃいます。

そういう家具の配置は長続きしません。必ず動かしたくなります。

快適な部屋づくりの鍵は動線と、動線を邪魔しない家具の配置です!

・・・なんて偉そうに書きましたが、住まいや家づくりに関する本やwebサイトにもそのようなことが書いてあったので間違いないです。動線はとっても重要です。

そこで今回は動線に注目してワンルームの家具配置を考えてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

基本の間取り

1K間取り

この間取りは以前住んでいた1Kの間取りで、広さは9畳、一般的な長方形の部屋です。
この部屋を例に家具の配置を考えていきます。

わが家の場合

ベッド・デスク・一人がけソファの配置:その1

動線図1

動線★★★ 利便性★★★ 開放感★★★

これは実際の私の部屋の家具配置です。
オレンジ色の線で示したように、ベランダまで一直線の動線を確保して道中に家具を置きました。真ん中が通路だったから視界が開けていて狭さは感じませんでした。
入り口側のまるっと空いた場所でラジオ体操をして出勤が日課でしたwこの余白が気に入ってましたねー。

ベッド・デスク・一人がけソファの配置:その2

動線図2

動線★★☆ 利便性★★★ 開放感★★★

気分転換に家具の配置をこのように変えたことがありました。
オレンジ色の線のベッドの所が曲がっています。ベランダまで行こうとしたらベッドを迂回しなければなりませんでした。大したことじゃないけれど、真っすぐ歩くことに慣れていたからベッドが邪魔臭く感じて元に戻しました。

この配置の良かったところは、家具が隣り合ってないから空間を有効活用できた点ですね。

その他のレイアウトを考える

ベッド・デスク・一人がけソファ・テレビの配置

動線図3

動線★★★ 利便性★★★ 開放感★★★

わが家は家具が少なめなのでテレビを置いてみました。
これでもベランダまでの動線は真っすぐ確保できて、一番狭いベッドとソファ間も人一人が余裕で通れるから快適に生活できそうです。ラジオ体操もできそうですねw

ベッド・デスク・二人がけソファ・テレビの配置

動線図4

動線★☆☆ 利便性★★☆ 開放感★☆☆

一人がけソファじゃ嫌!ごろ寝したい!ってお思いの方もいることでしょう。
そこで二人がけのソファの配置をいろいろと考えてみましたがちょっと無理があると感じました。どうしてもと言うならこの配置が現実的かな、と。

まず部屋を、奥側が寝室(室ではないけど便宜上)、入り口側がリビングというようにゾーニングしました。
動線はベッドの所で曲がってます。しかもベッドとソファの間が極端に狭いから実際に暮らすとなると窮屈だと思います。
それとベッドのすぐ横にデスクがあるので、ベッドに寝転がった時に圧迫感がありそうです。

でもまあ、多少の窮屈感は我慢できる、むしろ狭い方が落ち着くの、って人には良いかも?

ベッド・二人がけソファ・テレビ・ローテーブルの配置

動線図5

動線★★☆ 利便性★☆☆ 開放感★★☆

デスクを無くしてテレビとソファを入れ替えたら通路を広く確保できそう、でもそうすると食事する場所がが無くなるから代わりにローテーブルを置いてみた、の図。二人がけソファーを置くならばこれが鉄板かな。一番ポピュラーな配置ですよね。

この配置で気になるのは2点です。
一つは、食事をする時にソファとローテーブルの間に座ると思うんですけれど、狭くて窮屈感があるんじゃないかと言う点。
もう一つは食事をするスペースが通路であるという点。一人暮らしだから他の人の通行の妨げになるってことはないけれど、通路で食事する行為がちょっとなぁ・・・と感じます。

だったらテレビとソファの位置を入れ替えたらどうかシミュレーションしてみましたが、通路の問題は解決したけれどクローゼットの扉とソファが干渉するという別の問題が浮上しました。一人がけソファならば空間に余裕あるので問題なしです。
やっぱり6~9畳のワンルームに二人がけソファを置くのは苦しいかな?と思います。

ベッド・ダイニングセット・テレビの配置

動線図7

動線★★☆ 利便性★★★ 開放感★★★

ソファよりもダイニングセットを置きたい!って人にはこの配置がおすすめです。
テーブルを入り口側に配置することでキッチンからの動線を短くしてます。
ベッドとダイニングセットの向かいにテレビがあるので、テレビを見ながらくつろげますよ。ごはんを食べながらダラダラしてしまう危険な配置ですねwこの配置も空間に余裕があるから快適に暮らせるでしょう。

ダイニングセットはデスク代わりにも使えるし、良い椅子ならば長時間座ってくつろぐこともできます。くつろぐことを追求するならばソファダイニングもいいですね!
書いてて気づいたんですけれど、ダイニングセットって用途が広くてワンルーム向きの家具ですね。やっぱりうちにも欲しいなぁ。

あとがき

この配置、いいかも!って例はあったでしょうか?

動線を考えたら迷っている配置でも答えが出やすいんじゃないかと思います。

部屋って生活の場所だからストレスのない環境を作ることが一番なんですよね。
見た目だとかお気に入りのものに囲まれた部屋だとか、そんなのは二の次三の次で、まずは快適な部屋を作るのが一番って、約9年迷い続けてやっと気づきました。すごく長かったなあ・・・。

今回のお話が快適な部屋づくりの参考になれば嬉しいです!それでは。

\ 応援クリックお願いします /

にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告