いくつ必要?どこに置く?分別は?一人暮らしのゴミ箱問題。

ゴミ箱

生活をする上でついてまわるゴミ箱問題。
インテリアを考えるとなるべく置きたくないけれど、生活の必需品だから置かざるを得ないですよね。

そこで今回は、インテリアの邪魔にならないようになるべく少ない個数で、どこに配置し、分別はどうしたらいいのか。ゴミ箱について考えてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ゴミ箱の設置場所

ワンルーム~2DKくらいの一人暮らし向けの部屋でゴミ箱を各部屋に一個ずつ置くとすると、居室・寝室・キッチン・トイレ・洗面所の計5個になります。でも各部屋に一個、本当に必要でしょうか?

ゴミ箱が必要な場所

たくさんのゴミが出るキッチンにゴミ箱は必須ですよね。しかもいろんな種類のゴミが出るので分別ゴミ箱が欲しい場所です。
したがってキッチンを家の中のゴミステーションとして、ゴミが出たそばから分別して捨てるようにすると、改めて分別しなおさなくて済むので便利です。

居室も長時間過ごす場所なのでゴミ箱があった方が散らからなくていいです。
ただ、ゴミがあまり出ないとか、のちのち分別しなおすのが面倒とか、居室からキッチンのゴミ箱が近いとか、必要かどうかはその人のライフスタイルによるところが大きいです。
だから絶対に要ると一概には言えません。要・不要をよく考えて設置を決めるべきかと思います。

ちなみにわが家は上の三つの理由全てに当てはまるので居室にゴミ箱はありません。

ゴミ箱が不要な場所

寝室、トイレ、洗面所は、ゴミ箱なしでいいと思います。

その理由は、ゴミがあまり出ない割りに汚れた時にメンテナンスしなければならなかったり、掃除のときにゴミ箱をどかす手間がかかったりして無駄が多いからです。

じゃあトイレ等で出たゴミはどうするのかと言うと、使い捨ての小さな紙袋やビニール袋で代用します。

使い捨ての紙袋やビニール袋は、使用後に袋ごと捨てられるので衛生的でメンテナンスの手間がかかりません。
また、フックを使って床から浮かせて設置できるから場所を問わないし掃除のときにゴミ箱をどかすひと手間もありません。

わが家ではトイレと調理時に出る生ゴミ入れとしてこの方法を採用しています。

ゴミ箱の個数

結論から言うと3つでOKです。
キッチンの可燃ゴミ用、プラゴミ用、分別ゴミ用です。

たくさんゴミが出る可燃ゴミとプラゴミは専用のゴミ箱を一つずつ用意します。
不燃ゴミや資源ゴミは、あまり量が出ないので分別ゴミ箱ひとつで何とかしたいところです。

居室にゴミ箱を置く人は居室用のゴミ箱を入れて4つ必要になります。

ゴミ箱の大きさや形について

プラゴミ

一番大きいゴミ箱が必要なのはプラゴミです。
ゴミの量が多い上にゴミ出しの日が週1なので大きめのゴミ箱が必要です。
わが家のゴミ箱は30Lですが、ゴミの量が多い週だといっぱいになってしまうので30L~45Lは欲しいです。
蓋はあった方がいいです。ラップ等に残飯が付着している場合があるので。

可燃ゴミ

次に大きいゴミ箱が必要なのは可燃ゴミです。
可燃ゴミはゴミの量自体はプラゴミより多いけれど回収日が週2回あるので、サイズは少し小さめの25L~30Lでいいと思います。

可燃ゴミ用のゴミ箱で重要なのが蓋です。生ゴミを入れるから蓋は必須です。
蓋の開閉方法には要注意です。ペダル式、プッシュ式、自動、手動等ありますが、手を触れずに開けられるタイプがいいです。
調理中の汚れた手で触れる機会もあるのでプッシュ式だとどんなに気を付けていても汚れてしまうことがあります。わが家はプッシュ式なのでそこは失敗したなぁと思ってます。

その他のゴミ

最近疲れ気味だから毎日栄養ドリンクを飲んで瓶がたくさん出ただとか、暑いからビールの空き缶がたくさんだとか、出るゴミの種類や量がまちまちなので、分別用ゴミ箱は自由度の高いものがおすすめです。

わが家はゴミ箱ではなくゴミ袋スタンドを使ってます。トップの写真がそれです。
引っ掛けるレジ袋のサイズや数を自由に変えれるからゴミの量に合わせて臨機応変に対応できます。
ただし一つ注意点があります。口がオープンなので綺麗に洗ってから捨てないとGを呼び寄せる原因になります。

ちなみに、ゴミ袋スタンドはニトリで買いました。
これ以上ないくらいシンプルな形で使い勝手が良くてお手頃価格です。お値段以上ですよ、おすすめです。

ゴミの減量について

ゴミ箱にこだわるのも大事ですが、そもそもゴミを出さない、嵩を減らすことがもっと大事です。

スーパーで買い物をする時はエコバッグを持っていく、その際に資源ゴミを回収しているスーパーなら資源ゴミも持っていく。箸とかスプーンとか不要なものは断る。

ゴミを捨てる時はなるべくきれいに捨てる。
包装紙はグシャグシャのままだと嵩張るけれどきれいに伸ばして折りたたんで捨てたら嵩が減ります。

そういう、ちょっとした工夫を重ねたら、パンパンだったゴミ袋に少し余裕が生まれるんじゃないかと思います。
なるべくゴミを出さない、小さいゴミ箱で済むように心掛けたいものです。

一人暮らしの部屋のゴミ箱設置についてのまとめ

長くなったのでまとめます。

キッチンに分別ゴミ箱を用意する。可燃、プラ、分別用の3つ。

  • 可燃ゴミ用:容量は25~30L。蓋は必須。開閉は自動かペダル式。
  • プラゴミ用:容量は30~45L。蓋はあった方がいい。
  • 分別ゴミ用:3つくらい分別できるもの。蓋はなくてもいいけれどその場合はゴミを洗ってから捨てること。

居室にゴミ箱が必要な人は居室用を1つ用意する。

寝室、トイレ、洗面所にゴミ箱が必要な人は、使い捨ての紙袋やビニール袋で対応する。

\ 応援クリックお願いします /

にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告