一人暮らしに炊飯器は不要。ご飯は電子レンジ+土鍋炊飯の方が、安い・早い・うまい。

炊飯器と土鍋

一人暮らしを始めた時に購入した炊飯器。

10年間、週3くらいの使用頻度で、未だに現役の頼もしいやつです(^^)

・・・ですが、内釜のコーティングが剥げてご飯がくっつくようになりました。まあ、これは米研ぎざるを使用せず炊飯釜でお米を研いでいた私が悪いです。文句はありません。

ただ、主食という超重要な料理を任せる相棒として、これだけはいただけないと思っていたことがありまして、この度引退していただくことになりました。

それが何かといいますと、ご飯が美味しくないこと。炊飯器として致命的ですよね??

だけど普通に使えるから捨てるのがもったいなくて10年間使い続けました。この度不具合が出たのを機に買い替えることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ご飯はどうやって炊くのがいい?炊飯器?ご飯鍋?

まずは情報収集

美味しいご飯を食べるぞーーー!っと、熱い想いのもとにスタートした炊飯器選び。

今の売れ筋や人気の機能なんかを情報収集しました。

すると結構な頻度で、炊飯器よりもご飯鍋や土鍋で炊いたご飯の方がうまいという口コミに出くわしました。美味しいご飯に飢えていた私としては見過ごせない情報でした。

炊飯器以外のご飯を炊く道具

ただ、鍋炊飯って炊飯器よりも面倒なイメージがありました。

炊飯に時間がかかるんじゃ?とか、火加減が難しいんじゃ?とか。ちょっとハードルが高そうだなぁと。週に何度もすることなので手間なく簡単に越したことはないです。

だから始めは炊飯器しか眼中になかったのですけれども、あまりにも鍋炊飯を絶賛する口コミが多くて見過ごすことが出来ず、情報収集の範囲を広げました。

炊飯専用の鍋、普通の鍋、電子レンジで炊飯できるプラ容器など、ご飯を炊く手段って感心しするくらいいろいろあるんですねぇ。基本、深さのある容器と蓋と熱源さえあれば炊けそうです。

試しに普通の鍋でご飯を炊いてみた

鍋炊飯

鍋で炊いたご飯は美味しいとのこと。普通の鍋ならウチにあるので、どんなもんかと炊いてみました。

ウチのガスコンロには炊飯機能がついていたので、ガスコンロの取説通りに、計量→浸水→炊飯→蒸らしで、はい完成。

面倒くさそうと思っていた火加減はガスコンロが勝手に調整してくれました。おまけに蒸らした後の出来上がりまで音で教えてくれる親切っぷり。なにも難しいことはありませんでした。これなら鍋炊飯いけそうです。

そして肝心要のご飯のお味はというと、炊飯器よりも美味しかったです。

ただ、ご飯が鍋にくっつくのが気になりました。ちょっと見過ごせないくらいの量でもったいない。そして洗うのが大変。こりゃ普通の鍋での炊飯は×だなーという結論になりました。

候補の中から炊飯器が外れる

鍋でもご飯が炊ける。しかも炊飯器よりも美味しい。炊飯の手間も大したことない。

試しの鍋炊飯でわかったことと炊飯器のメリットデメリットを考慮したら、この時点で炊飯器を買う選択肢はなくなりました。

炊飯器にしかない機能に保温とタイマーがあります。

これらの機能があるから炊飯器じゃないとダメ!って人もいることでしょう。私もそう考えてました。

でもよくよく考えると、一人暮らしの場合、自分が食べる時にご飯が炊き上がるように時間を調整すればいいから保温機能は要りません。

タイマーについては散々悩んだけれど、鍋炊飯にかかる時間って、加熱10分、蒸らし15分、計25分程度で、他の料理の準備をしていたらそれくらいの時間はかかるから、なくてもいいのでは?と。

実際、前日の夜にお米を研いで浸水させておいて朝イチ炊飯でもバタバタすることはありませんでした。段取りさえきちんとしておけばタイマーも無しで大丈夫!

炊飯鍋 or プラ容器

最後まで悩んだのが、炊飯鍋にするかレンジでチンのプラ容器にするか、です。

恐らくガスコンロ+炊飯鍋で炊いたご飯の方が美味しいのだろうけど、プラ容器の方が安くて楽チンだろうって考えると甲乙つけ難く。最終的に、プラ容器並みに安く、レンジとガスコンロで使える土鍋にたどり着きました。

炊飯鍋とプラ容器の良いとこ取りしたような、素晴らしい土鍋です♩

レンジで美味しいご飯が炊けるなら願ったり叶ったりだし、レンジはイマイチ・・・ならガスコンロでも使えます。

そして万が一、使い勝手に難があるようでもあきらめがつく値段。やっぱ最後の決め手は値段ですよねw

炊飯土鍋を使った感想

土鍋を使うその前に

取説に目止めをして下さいと書かれています。

8分目のお湯に小麦粉を大さじ1~2杯ほど入れて数分間沸騰させてください、とのこと。

取説読まない人って結構いると思うんで一応書いときます。私も危うく飛ばしてしまうところでしたw

電子レンジで炊飯してみた

土鍋ごはん

 1合のお米を研いで水を釜のラインまで入れて30分浸水後、500Wのレンジで10分加熱し15分蒸らして炊き上がったご飯がこちらです。

まだちょっと水加減がつかめてないところがあって今回のご飯の出来は硬めでした。これ以前に数回炊いた時は程よい硬さで本当に美味しかったです♩

食べない分は即冷凍するので、冷凍ご飯を美味しく食べるためにも、水は気持ち多めに入れる方が私の口には合ってました。

普通の鍋で炊飯した時にご飯がこびりついてもったいない!と書きましたが、こちらは炊き上がってすぐにしゃもじを入れてやればくっつきません。吹きこぼれもありません。

使い勝手で気になる点は重さくらいでしょうか。約1518gだそうです。

でもまあ鍋をゆすって調理するわけではないので苦になるようなことではないです。はるかに利点の方が多いのでこれを買って正解でした♡

玄米とピラフも美味しく炊けましたよ(^^)

あとがき

っと言うわけで、一人暮らしに炊飯土鍋オススメです。

タイトルにも書きましたけれど、炊飯器よりも安い・早い・うまいんですよ!

何で私、炊飯器を使ってたの?って思っちゃいます。ご飯を炊く=炊飯器って式が頭の中に出来上がっているのと、みんなそうしているからっていう思い込みですよね~。

自分にとって必要な物をちゃんと考えて、選んで、買って、使ってみることって大事だなぁと、改めて思いました。

私には炊飯土鍋がピッタリだったけれど、当然、美味しいご飯が食べたいけれど炊飯器のタイマーは外せない!!って人には炊飯器の方が合っているので、イチ意見イチ情報として参考にしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。左の画像をポチっと応援クリックしていただけると励みになります♡

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告