簡単で美味しい。ジャム作りのすすめ。

ジャムのイメージ

最近ジャム作りにハマってます。

きっかけは、安くなっていた4個入りのキウイを買って帰ったことでした。
ヨーグルトのトッピング用に買ったけれど消費できそうになかったのでジャムにしてみたらこれが美味しくて。

作り方も簡単だし市販のジャムと同じくらいの金額で作れるし何よりも自分好みに調整できるのが良いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

基本のジャムの作り方

材料

  • 果物や野菜・・・1パック
  • 砂糖・・・・・・果物や野菜の重さの30%
  • レモン汁・・・・大匙1~2

作り方

  1. 果物or野菜を一口大に切る
  2. 鍋に1を入れて砂糖とレモン汁をまぶして30分ほど置く
  3. 中火~弱火にかけて煮詰める(灰汁をとる)

大雑把なレシピはこんな感じです。甘味が足りない場合は味見して砂糖の量を調節してください。

詳しくは作りたいジャムで検索してみてくださいね。

作ってみました

キウイジャム

キウイジャム

第一弾のキウイジャム。
ヨーグルトトッピング用に、果肉は大きめ、ソースは緩めに作りました。

トマトジャム

トマトジャム

第二弾はトマトジャム。
思ったよりも癖のない味で食べやすかったです。

トマト2個でWECK500mlに半分くらいできました。コスパ良し。

いちじくジャム

イチジクジャム

第三弾は半額になっていたいちじくで。
いちじく5個でトマトよりも多くできたので、フローズンヨーグルトに混ぜてみました。
アイスと比べたら甘さ控えめで低カロリーなので罪悪感が少ないです(笑)
半分くらい溶けてヨーグルトのトロリ感とアイスのシャリシャリ感が一緒に楽しめるくらいが美味しかったです。

保存容器

長期保存したい場合は、密封と煮沸消毒ができる瓶が適当です。

目的に合わせて瓶の容量や形、蓋の種類が自由に選べるWECKがおすすめです。密封用のパーツも揃ってます。

WECKって、見た目が可愛いだけではなくて実はとても実用的なんです。

公式サイトにWECKの活用法が書かれてますので、興味のある方は覗いてみてください。

ジャム密封用なら付属のガラス蓋+ゴムパッキン+クリップでOKですが、短期の保存ならプラ蓋のほうが扱いやすいです。気軽に使えるからほぼプラ蓋を使用してます。

余ったガラスの蓋は、料理の時のお玉や菜箸置きにすると有効活用できますよ。

\ 応援クリックお願いします /

にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告