パスワードだけでは不充分? Google 認証システムを導入しました。

2段階認証

スマホの機種変更をしました。Android から Android への移行です。

データを移す作業が面倒だなーと思いつつ表示に従って初期設定をやっていくと、電話帳のデータをはじめ、インストールしたアプリまで自動的にダウンロードしてくれてびっくりしました。いや、それ以上に怖くなりましたね。どこかで見てんの? 何で知ってんの、って。

Google アカウントを取得した時はメールだけの利用でしたが、マップ、ドライブ・・・と利用するサービスが増えて、他社のサービスも Google アカウントでログインするようになり、今ではスピーカーに話しかけるまでになりましたw

もう Google がなくっちゃ生活できんわって勢いです。

そんな大事な Google アカウントなので、セキュリティ対策ソフトを導入した流れで、もう一段階上のガードをすることにしました。

セキュリティ対策ソフトについては下記をご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

Google 認証システムを導入する

Google 認証システムとは?

 Google 認証システムはスマートフォンで 2 段階認証プロセスのコードを生成します。

2 段階認証プロセスでは、ログイン時に 2 段階の確認を求めることで Google アカウントのセキュリティを強化します。パスワードに加えて、スマートフォンの Google 認証システム アプリによって生成されたコードも必要になります。

Google 認証システム – Google Play の Android アプリ

ワンタイムパスワードを発行するアプリです。ネット銀行で使われてるアレです。

Google 認証システムの優秀なところは、Amazon 等の他のサービスでも利用できることだと思います。Amazon も乗っ取り被害の報告をよく目にするので Google アカウントと一緒に設定しておきました。 

Google、Amazon の2段階認証の詳細が知りたい方は下記からどうぞ。

使ってみた感想

ページを開くたび、買い物するたびに、パスワードを求められたら面倒くさい。けれど背に腹は代えられぬ、との思いで導入しましたが、いつもと違った端末からアクセスしたらパスワードを求められるようなので全く面倒なことはありませんでした。

登録自体は10分もあればできる簡単な作業なので、たったこれだけで安心が得られるならば是非とも導入すべきです。

けれどもスマホが使えなくなったら大変なことになるので、リスク回避策も併せて実施しなければなりません。・・・ってなことを考えるとやっぱり面倒くさいですねw

2段階認証のリスク回避策

Google のヘルプにはリスク回避策としてこのようなことが書かれてあります。

携帯端末を紛失した、または盗まれた場合は、アプリ パスワードを無効にして、Google アカウントのパスワードを変更することを強くおすすめします。パスワードを変更することで、その携帯端末から Google アカウントにアクセスされるのを防止します。

状況に応じてアカウントにアクセスする複数の方法があります。

  • バックアップ オプションを使用する
  • 信頼できるパソコンからログインする
  • 携帯通信会社から新しいスマートフォンを取得する
  • アカウント復元フォームに入力する

2 段階認証プロセスに関する一般的な問題 – Google アカウント ヘルプ

このうち一番簡単にできるのが2番目の「信頼できるパソコンからログインする」ですね。

ただ、何らかの理由でログインできなかったり、ログイン情報を保存するよう設定してなかったらアウトなので、次善の策も欲しいところ。

なので、一番目の「バックアップ オプションを使用する」ことにしました。これは事前に発行したバックアップコードを使ってログインする方法で、コードを紙で残しておけばOKです。

パスワードもそうだけど、最後の砦はやっぱり「紙にメモ」のアナログ手法なんですねw

あとがき

ここまでしたらアカウントの乗っ取り被害に遭うことはないんじゃないかと思います。

Google 先生、頼りにしてます!

\ 応援クリックお願いします /

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

にほんブログ村テーマ:パソコン&デジモノなど

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告